PCMAXなら自分好みの相手にすぐにコンタクトを取れる

どうせ出会うなら、自分と似た趣味や価値観、好きな外見、住みが近いなど条件にあう人が良いですよね。

しかしリアルで探すとなると骨が折れる作業ですし限界があります。

そこで本記事ではPCMAXを使って筆者が出会ったみた男性についてまとめました。

条件を絞って相手を検索できる魅力

PCMAXを使ってみてよかった点は、ある程度相手の条件を絞って検索できるところです。

例えば同じ都内在住、歳は20代後半~30代までなど。

性格はさすがに詳細検索はできないので、プロフを見たりメッセージから感じ取るといった具合です。

あと筆者自身のプロフィールにも相手の募集条件を書いたので、それを見た人からメールが入るのも便利でした。

希望の年齢層や居住地以外に書いたのは、読書という趣味が同じで勤勉な人、背が最低でも180センチほしいこと(顔は不問)などです。

まだ10代の頃フリーの出会い掲示板にも同じような投稿をした経験がありますが、PCMAXは大手で信頼性のある出会い系ということでそれほど怪しい人からメールが来なかったので快適に使うことができました。

小金持ちの記者に可愛がられまくった

実際に会う流れになったのは、向こうからコンタクトをくれた都内在住の33歳の雑誌記者の男性です。

顔は下の中でしたが(プリ画でちょっと騙されました)、身長が185センチくらいあったので気にしないことにしました。

肉付きは普通でしたね。もやしっ子体型が嫌いな筆者としては、少しくらい健康的な体型の方が望ましいです。

彼は昔から都内で実家暮らしをしていてお金を溜め込んでいたのか、初回のデートから色々と尽くしてくれました。

付き合う前も後もデート中の出費をすべて負担してくれてましたし、その別れ際にはいつも何かしらのお土産やプレゼントを持たせてくれました。

ちなみに、彼と出会えたのはPCMAXを利用して1ヶ月ほど経った頃でした。

付き合うことに決めたのは、それから2ヶ月ほど経って何回かデートをした後です。

彼は一見堂々と振る舞っていましたが、嫌われることを恐れる臆病タイプの人でした。

筆者より10歳も年上でしたので、それだけたくさん出会いも別れも経験してきたのでしょう。

優しさと高身長補正も加わった大きな包容力を持つ人とはそう出会えないので、告白されたら即OKしました。

あまり体験したことのないデート内容が印象的だった

好きな人には尽くすタイプの上に異様に積極的にデートプランを練る人だったため、デートは普段1人では行かないような場所ばかり連れて行ってもらいました。

例えば夜景や紅葉鑑賞、都内の穴場の洋菓子個人店、海の近くの水族館などです。 男性は彼女を自ら色々な場所に連れ回さないと思っていたので、いつも異なるデートの内容はどれも楽しかったです。

勿論、筆者が好む街での買い物や散策にもしばしば付き合ってもらいました。