PCMAXを使って転勤先で現地妻を見つけた話

その場限りの相手がほしいなと思った時に便利なのが出会い系です。

地方転勤になった私は、寂しさを埋めるために初めて出会い系を利用してみました。

本記事ではPCMAXを使って女性と会った体験談を紹介します。

転勤先で現地妻が欲しかった

私が出会い系を使ったキッカケは突然の転勤にあります。

行ったこともない地方へ単身行くわけで腹の中では納得していませんでしたが、まあ給料が上がるなら仕方ないということで渋々話に乗りました。

彼女も地元の都内に置き去りにすることになり、一人ずっと悶々としているのはとてもストレスが溜まります。

転勤先からは2,3年で戻って来られるとのことだったので、それまでの間はこっそり現地妻を作り処理しようと思い立ちました。

甲信越の高齢者社会の田舎で、ぽっと出の私が同年代でキレイな女性と会うなんて困難です。

しかし出会い系ならサクサク相手が見つかるだろうし、何かあっても後腐れないと思って大手っぽいPCMAXを利用しました。

24歳のアパレル店員にお近づきになってみた

サイトに登録して色んな人にメールを送りつつ、写真を見てちょっといいなと思う人がいました。

私よりも3歳年下の、服屋で働いている子でした。 田舎の中でも一応県庁所在地ではあったので、若向けの服屋なんかはモールに色々入ってました。

彼女はそうした中の、ギャル系というよりはロリータ系の店で働いているとのことです。

化粧が引き立つような整った顔貌をしてたので、かわいい服屋で働くのも納得といったところです。

見た感じメンヘラっぽさもなかったし、メールのやり取りも常識的な言葉遣いをしてくれたりといい印象でした。

数年で都内に戻ることは伏せ、「こっちに転勤になったから出会いがなくって」と言ったところすんなりと会う約束を取り付けることができました。

素直で明るい感じがかなりの好印象だった

彼女とは駅近くのファッションビルの中で会うことになりました。

取り敢えず初回デートなので、軽くカフェにでも行こうと思ったのです。 それに土地勘が全く無かったので駅前なんかの案内もして貰いたかったですし。

実物の彼女を見た印象は、年齢よりもかなり若く見えました。 身長も150センチくらいで小さかったですし、髪も肩につかないくらいで学生っぽさもあります。

私服は、シンプルで清楚な感じでした。 小柄ですし、ロリータ系の服を着ても様になるくらい色白で目鼻立ちもハッキリしてたのでそういう服も見てみたい気もしましたが。

彼女とはカフェで自己紹介をしたり雑談をした後、色々と駅近くを案内してもらいました。

彼女は聞き上手でしたし、リアクションもわかりやすく素直な点が気に入りました。

2回めのデートで告白したら恥ずかしそうにOKしてくれ、それ以降のデートでお互いの家に行ったり泊まりに行ったりなどもするようになりました。

まとめ

以上、PCMAXで女性に出会えた体験談でした。

初めての土地に来て出会いが絶望的でも、出会い系ならあっさり相手が見つかるので寂しさを紛らわしたい人は利用するのも手ですよ。